2021年7月22日、CAFCは、Teach awayの要件について言及する判決をしました (The Chemours Company FC, LLC v. Daikin Industries, Ltd. (Fed. Cir. July 22, 2021))。
Read more
2021年5月5日、CAFCは、特許権者の会社の社長の証言が虚偽であったことをを理由に、差し止め等の判決を破棄する判決を肯定しました (Cap Export, LLC v. Zinus, Inc. (Fed. Cir. May 5, 2021))。
Read more
2021年5月14日、CAFCは、明細書の「本発明は、…である。」という記載に基づいて発明を限定的に解釈する判決をしました (Wastow Enterprises, LLC v. Truckmovers.Com, Inc. (Fed. Cir. May 14, 2021))。本判決はnonprecedentialです。
Read more
2021年4月29日、CAFCは、発明者が前職の企業で発明に重要な貢献をする研究を行なっていたので前職の企業が後の企業で完成された発明の共有者になる、という主張に対し、発明着想前の貢献は雇用者に譲渡義務のある知的財産に該当しないと判断し、これを退ける判決をしました (Bio-Rad Laboratories, Inc. v. ITC (Fed. Cir. Apr. 29, 2021))。
Read more
2021年4月16日、CAFCは、発明の優先日時点で実施可能でない引用文献だけを基礎にしたのではその発明を自明とすることはできない、という判断をしました (Raytheon Technologies Corp. v. General Electric Co. (Fed. Cir. Apr. 16, 2021))。
Read more
2021年4月7日、CAFCは特許のライセンシーは、その特許に関するIPRの決定について控訴するためのArticle III standing (原告適格) を有さない場合があるとの決定をしました (Apple Inc. v. Qualcomm Incorporated (Fed. Cir. Apr. 7, 2021))。
Read more
2021年3月9日、CAFCは、単一の要素が複数の要素に置き換わっている場合に、均等論におけるVitiation Doctrineは適用されないと判断する判決を出しました (Edgewell Personal Care Brands v. Munchkin, Inc. (Fed. Cir. Mar. 9, 2021))。
Read more
2021年2月11日、CAFCは、抗体についての機能クレームが、実施可能要件を満足しないために無効であると判断する判決を出しました (Amgen Inc. v. Sanofi, Aventisub LLC (Fed. Cir. Feb.11, 2021))。
Read more
2021年2月24日、CAFCは、組成物の一成分が他成分の副生物である場合に、置換理論 (substitution theory) を適用して行われた自明性の認定を肯定するnon-precedential判決を出しました (Daikin Industries Ltd. v. The Chemours Company FC, LLC (Fed. Cir. Feb. 24, 2021)) 。
Read more
相反するクレーム文言の定義を審査段階で主張したために、クレームがindefiniteであり、無効と判断した判決を2021年2月10日にCAFCが出しています (Infinity Computer Products v. Oki Data Americas, Inc. (Fed. Cir. Feb. 10, 2021) 。
Read more