equipment-3350878_1280.jpg

November 18, 2020by Mamoru Kakuda

2020年11月9日、米国CAFCは、analogous artの判断において、引例がクレームされた発明の特定の課題と合理的な関連性があるかどうかの判断基準について言及した判決をしています (Donner Technology, LLC v. Pro Stage Gear, LLC (Fed. Cir. Nov. 9, 2020))。


cyber-security-3400657_1280.jpg

November 12, 2020by Mamoru Kakuda

2020年10月23日、Induced infringementにおけるintentの有無は、主観的な心の状態によって判断され、その誘引行為 (induced conduct) が侵害行為でないと信じる客観的合理性があるかどうかでは判断できないことを明らかにしたCAFCの判決が出ています (TecSec, Inc. v. Adobe, Inc. (Fed. Cir. Oct. 23, 2020)) 。


draw-serie-compass-rule-2-1241404.jpg

September 3, 2020by Mamoru Kakuda

2020年4月8日に米国CAFCは、クレームされた物質に関する数値範囲と引例に記載された類似物質に関する数値範囲とが重なる場合、prima facie case of obviousness と判断し得る、と判示しました(Valeant Pharmaceuticals Intl. v. Mylan Pharmaceuticals Inc. (Fed. Cir. 2020)) 。